TOP > エステ求人の一日の仕事内容

エステ求人の一日の仕事内容

近年では美意識の高い人が増えてきておりそれに伴ってエステシャンの求人が増えてきました。

しかし求人だけをみていても細かいことまで書いていないので一日の流れを知っておきたいと感じている方は多くいます。

エステシャント一言で言っても施術をすることだけが仕事のすべてではなく来店してくれるお客様のトータルサポートが必要になってきます。

まず多くのエステサロンでシフト制を導入しています。
そのため出勤時間や退勤時間は時によって異なりますが、朝一で出勤をした場合はオープン前にまず掃除を行います。

アイリストの求人といえばこちらのサイトです。

使用する備品の準備や補充、消毒、お茶の準備などを行い、お客様がリラックスすることができるように店舗の雰囲気づくりに努めます。
そしてその日に来店されるお客様の予約やカウンセリングの状況を確認してお客様に失礼がないように準備していきます。



サロン情報はスタッフ全員で確認を行い、漏れがないように気を付けます。

お客様が来店すると要望を聞きだしたり相談に乗ったりお手入れや次回の予約取りを行っていきます。そして施術中はお客様に満足していただけるように気を使いながら進めていきます。
業務の合間で時間がある場合は備品の補充を行ったり他のエステシャンの方が施術しやすいようにサポートしていくことも大切な仕事になってきます。

そして稀にチラシ配りやお声がけなど宣伝活動を行うために外出することがあり、内勤ばかりではないことも多いです。



すべてのお客様の施術が終わると1日の振り返りを行い、カルテ記入や明日の営業の準備を行っていきます。

このように求人に載っている仕事内容は一部であり、その時々によって仕事内容が変わってくることもあるなど多義にわたる仕事があります。